海外FXを始めるにあたって、誰しも「証拠金」や「ロスカット」という言葉を聞いたことがあると思います。これから海外FXを始めようとしている人には呪文のように見えているかもしれませんね。

実のところ、僕も始める時はそのように思っていました。

しかし、FXをするならこれらは避けて通れません。ロスカットや証拠金など基本的なことを理解し、FX業者を選ばないと損をする場合もあります。

この記事では証拠金やロスカット、海外FX業者と僕がおすすめしているXMの比較をしていきます。基礎知識としての理解と、業者選びの参考にしてください。

証拠金・ロスカットとは?

まずは証拠金やロスカットについて簡単に説明します。

証拠金とはFXをするために必要な最低限のお金

元々証拠金というのは、何かを契約する際に担保として預けるお金のことを言います。

ただ、FXの場合は担保とは少し違います。FXは少ない金額で大きな金額を動かすことができますよね。その取引するためのベースのお金を証拠金と言います。

そのため、FXの口座を開設したら証拠金を入金しないとトレードすることはできません。入金すべき証拠金については「証拠金って?実際いくら用意すればいいの?」で説明しています。

証拠金維持率・ロスカットとはFXで取引ができる最低ライン

次に証拠金維持率とロスカットについてです。

証拠金維持率とは、全体で取引をしている金額に対する割合を示したものになります。なぜそのようなものがあるかというと、FXは持っているお金以上の金額を扱うため、今所持しているポジションが証拠金(口座残高)より大きくなりすぎないのを防ぐ目的があるからです。

そして、その割合が近づいていることを教えてくれるのがマージンコールといいます。そのタイミングで入金したり、決済したりすれば良いのですが、業者が定めた証拠金維持率を割ってしまうとポジションを強制的に終了させる「ロスカット」が起こります。

証拠金維持率もロスカットもFX業者と利用者が損をしないためにあるんですね。

なお、証拠金維持率の計算方法や基本はこちらの記事で紹介しています。

この他のFXの基本・基礎知識が知りたい方は、当サイトのカテゴリー「FXの基本」で説明しているのでそちらをチェックしてみてください。

XMと他海外FX業者の証拠金・ロスカット比較

証拠金とロスカットの関係を説明しましたが、業者によって異なるのが実際のところです。これらが異なるということは、どこまで取引ができるかは業者次第ということ。

FX業者を選ぶのにレバレッジや口座の種類、取引通貨の種類などで決める人もいますが、証拠金維持率も業者を決める要因になります。ここでは、僕がお勧めしているXMを始め、日本人に人気のある7つの海外FX業者を比較していきます。

XM(エックスエム)

おそらく日本人に最も人気があるXM。サイトもサポートも完全日本語対応という点や最大888倍のハイレバレッジという点、ボーナスが豊富という点が魅力です。ただ、優良海外FXの中でも若干スプレッドが広くなっています。

XMの証拠金維持率は20%です。僕は最初国内FXをしていたので、証拠金維持率は40〜50%程度だろうと思っていました。XMは国内FXでロスカット対象になる40%でマージンコールが入ります。

なお、約定速度が早いので、例えば20.00000001%で決済してもロスカットが起きることは極稀と言えます。ギリギリまで粘るのが得策かと言われると状況次第ではありますが、ギリギリまで粘ることができる海外FX業者です。

XMの口座を開設する

Titan FX(タイタン・エフエックス)

Titan FXも人気のある海外FX業者のひとつです。ボーナスはありませんが、スプレッドが狭い点やXM同様に約定速度が速い点が人気です。金融ライセンスがバツアヌ共和国という珍しい国から発行されています。

Titan FXの証拠金維持率は20%です。また、証拠金維持率90%でマージンコールが入るので最初は驚くかもしれませんが、90%で通知が来るのは安心感があります。

iForex(アイフォレックス)

海外FXの中で最も歴史がある業者がiFOREXです。初回入金は100%のボーナスがあります。ただ、日本人アカウントは信託保全の対象外で、MT4も非対応です。

証拠金維持率は0%で、マージンコールが0.25%という驚異の数値となっています。

メリットが非常に魅力的な海外FX業者ではありますが、先述した通り信託保全対象外、MT4非対応、自動売買不可などといったデメリットもあるため、よく検討してから利用することをおすすめします。

Tradeview(トレードビュー)

Tradeviewは取引コストが非常に安いのが魅力の海外FX業者と言われています。スプレッドが非常に狭く、恐らく海外FXの中ではNo1です。

証拠金維持率は100%。国内FXに比べても高いです。なお、マージンコールも100%なので、実質マージンコールがないと考えて良いでしょう。

それに加えてボーナスが存在せず、国内銀行送金ができないこと、初回の最低入金額は10万円以上ということを考えると、これから海外FXを始めてみようという初心者にはあまりおすすめできません。

反対に自分で計算ができて、メリットとデメリットを理解したうえで取引できるのであれば有効活用できる業者でもあります。

FBS(エフビーエス)

FBSは世界的に利用者が多い海外FX業者です。最大3000倍という超ハイレバレッジや初回100%入金ボーナスなど魅力的です。かなり魅力的ではありますが、日本語対応はしているものの翻訳が甘い点があります。また、日本円で口座開設ができず、国内銀行送金もできません。初心者には若干のハードルの高さがあるかな、という感じです。

証拠金維持率は20%。海外FXの基本水準レベルです。40%の段階でマージンコールがあります。

GemForex(ゲムフォレックス)

GemForexは、XM同様に日本語対応とサポートがある海外FX業者です。最大1000倍のハイレバレッジで、ボーナスもあります。以前は金融ライセンスを取得していませんでしたが、現在は取得している業者です。

証拠金維持率は20%(2018年12月10日から)。マージンコールは50%です。

ただ、魅力はあるものの通貨ペアが若干少なめかつDD方式を採用しているため、初心者はやはり手を出さないほうが安心だと考えられます。

DD方式とNDD方式(取引方式)の違いについて

Axiory(アキシオリー)

Axioryは日本語対応で、一時期人気のあった海外FX業者です。入金方法も多く、約定スピードも早いです。FX初心者にとっかかりやすい要素が多い反面、必要最低入金額が2万円というのがネックでもあります。最近になって顔認証も必要になり、若干の手間がかかるようになりました。

証拠金維持率は20%以下でロスカット。50%でマージンコールです。

海外FX業者比較表

これまで紹介してきた内容を元に比較表を作成しました。

総合的にどの海外FX業者が良いか

証拠金維持率やその他のことを比較した時、総合的にどの業者が良いかは人それぞれです。僕としては、総合的に見てもXM Tradingが一番良いと考えています。

NDD方式、最大888倍のレバレッジ、ロスカットは世界標準クラス、ボーナスも充実しているなどメリットが盛りだくさんだからです。

今、僕のサイトから口座開設をすると3000円のボーナスがもらえます。まずはそれを利用してみて、今後使うかを決めてみても良いと思います。もし開設方法が不安だということであれば、当サイトでも紹介しているので参考にしてください。