こんにちは。
兼業トレーダーの斎藤まさるです。

今日はライセンス(認可)のお話しをしていこうかなって思ってます。

FX業者やXMのライセンスのお話しなので、
安心感が欲しい人は必読です!

早速見ていきましょう!

FX業者に認可(ライセンス)は必要なのか

さて、FX業者には認可が本当に必要なのでしょうか?

FX業者は基本的に金融商品を売っています。
なので、その国で売買をするには、
基本的にその国のライセンスがあると安心感があります。

安心感があるというだけなので、
ライセンスを持っていなくても営業は出来ます

なぜかというと、拠点が海外だからです。
拠点にしている国のライセンスや法律に従っていれば、
他の国でも営業ができます。

「もうちょっと優しく……教えて……」

では、例えを出しますね!

例えば、海外のサイトで買い物をするとしたら?
日本の法律に則った特定商取引法の記載や認可が必要でしょうか?

必要ではありません。
実際に僕も海外のサイトで買い物をすることはありますが、
書いてないサイトも多いです。
※消費者センターは書いてあるサイトで購入することを推奨していますが、法律違反ではありません。

海外FX業者も同様です。

また、営業する国以外でライセンスを取得している業者も多いので、
どこの国のライセンスも取得していない業者は危ない!
と思った方が良いと思います。

日本と海外FX業者のライセンス

日本の場合は、認可するために信託保全を付けないといけなかったり、
審査が厳しかったりと、あまり海外のFX業者に認可を降ろしません。

と、いうよりは……

日本はレバレッジ規制があるので、
そのレバレッジ規制を敢えて受け入れる必要がない

というのが多くの海外FX業者が思っていることだと思います。

さらに、他の国で多くのライセンスを持っていても
無認可のFX業者と位置付けて、
「危ない!」「危険!」という印象を与えている情報発信の仕方をしています。

確かに、国内FXに対する安心感は計り知れません。
確かに僕も最初は国内のFX業者で口座開設をしました。
→僕が国内FXで口座開設をした時のお話しはこちらから

だけど、海外FX業者を使っている今、
危険な目にあったり、トラブルにあったりということもありません

それは、複数の国のライセンスを取得している
FX業者を選んだからでもあります。

どこの国のライセンスを持っていると安心か

では、どこの国のライセンスを持っていると安心かお話ししたいと思います。

まず、単一のライセンスよりは、
複数のライセンスを持っていると安心です!

そして、海外FXの場合、以下の金融ライセンスがあると安心です。
とりわけ登録が難しく、なかなか取得できない国の認可を受けていれば
十分に安心できるFX業者と言えます

↓にまとめてみたのでチェックしてみてくださいね!

ライセンス正式名称難易度特徴
イギリスFCAFinancial Services Register最難関ハードル多数。
事業に対する明瞭性が見えることは必須。
少しでも求めるレベルをクリア出来ないとすぐにライセンス取り消しになる。
キプロスCySecCyprus Securities and Exchange Commission最難関-信託保全の義務付け。
投資家補償基金(ICF)への加盟とキプロスに本社を置くことも義務付けている。
審査もイギリスのFCAに並んで厳しい。
ニュージーランドFMAFinancial Markets Authority難関+++2015年規制強化により取得難易度が上がる。
FCAやCySecに比べて取得は難しくないので、新しい海外FX業者に比較的多い。
※FSPRではないので注意。
オーストラリアASICAustralian Securities and Investments Commission難関+++難関のため、しばしばクレームがあるほどの金融局です。
ただ、ASICのライセンスを持っていると日本で営業することができないため、
単一でライセンスを取得していても、日本人は国外でFXをしないといけなくなる。
※複数ライセンスを持っている必要あり。
※2017年に協力体制を日本と提携したため、変更の可能性あり。

XMは日本の金融局のライセンスを持っているのか

では、XMは日本の金融局のライセンスを
持っているのでしょうか?

XMは残念なことに日本の金融局(金融庁)から認可はされていません

むしろ、不安を煽るようで申し訳ないのですが、
2015年頃だったでしょうか、金融庁からは警告を出されています。

ただ、言いがかりのような感じで、
セーシェルやキプロスに本拠地はないだろう、
私書籍を置いてるだけだろう…みたいな感じでした。

↑の方で説明した通り、
XMも海外FX業者なので、日本のレバレッジ規制やその他の取り決めは
特段メリットではありません。

あえて取得していない可能性もあります

その代わり、多数の国のライセンスを取得しています!
どこの国の金融局から認可されているか、
次の項目でお伝えしていきますね♪

XMはどこの国の金融局から認可されているか

日本の金融ライセンスを取得していないのであれば、
どこの国の金融局から認可されているのでしょうか?

XMは非常に多くの金融局からライセンスを取得しています。
もちろん先ほど紹介した金融局のライセンスもあります。

おそらく、海外FX業者では一番、
ライセンスを持っている業者と言っても過言ではないと思いますよ!

複数のライセンス、そして難関のライセンスも持っている、
安心できる海外FX業者です

ライセンスの一部を紹介しますね!

  • キプロスCySec
  • イギリスFCA
  • オーストラリアASIC
  • セーシェルFSA

※在住している国などによって登録される金融局が異なります。

日本人はどこの国のライセンスになるか

XMはどこの国の金融局から認可されているのかを確認してみました。
メールでも問い合わせてみたのですが、
日本の場合はセーシェルの金融局付けになるようです。

↓が実際に変更がきたメールです。

金曜日に問い合わせたので、月曜日に連絡が来ました。
ちゃんと謝罪してくれてるのが好印象だと思います

色々あってキプロスからセーシェルへ

元々、非常に信頼感のあるキプロスが
日本人がXMに登録する際の金融局でした。

なので、2015年までの方はキプロスの金融局付けですが、
それ以降に口座開設をした方はセーシェル付けになっています。

どうしてこんなことが起こったかというと、
まあ、色々あったんです……

まず、2015年頃に日本の金融庁からキプロスへ要請をかけました。
次いで2016年にはESMA(欧州証券市場監督局)が、レバレッジを規制を命じました。
※ちなみに2018年はESMAがレバレッジ規制を実際にかけました。30倍程度までです。

この他にもXMに対してというよりは、
FX業者に対して2015年くらいから様々な制限を世界的にかける動きが出たんです。

ただ、キプロスのライセンスは非常に信頼性が高いため、
キプロスには本社の拠点があります。

日本向けのサイトや他、法律に乗っ取る必要がある国に向けたサイトは、
セーシェルに拠点を置き、セーシェルで運営を行っています。

ハイレバレッジの魅力やこれまでのサービスを損なわないために
早いうちから各方面で対策を取っていたんですね。

このような経緯があって、
日本人はセーシェルの金融局付けになりました。

→こちらにセーシェルの金融局のライセンスが掲載されています!

滞在国によってライセンスが異なる

日本に住んでる外国籍の人や、
海外に住んでいる日本国籍人はどうなるのかな?と思い、
メールで聞いてみました。

そしたら、↓の回答がきました!

どうやら、国籍ではなく滞在国によって変わるそうです。

メールに書いてある通り、
日本在住なら日本のライセンス(セーシェル)で口座開設となり、
海外在住なら海外のライセンスで口座開設になるとのこと。

もし、日本から海外に移住する・転勤するということがあった場合は
早めにXMに申請をした方が良さそうですね!!

認可数を考えるとXMがおすすめ

今回は海外FXと金融局の認可についてお話ししました。
海外FXの業者を選ぶ時は、↑で説明したことも参考にしてみてください。

……と言いましたが。

多数の国の認可を受けているXMは
サービス面のことなども考えるとおすすめです

こうも推してるのは、実際僕が使ってるからで、
さらに言うなら皆さんにも
その良さを知ってほしいと思ってるからなんですけどね。

では、また別の記事でお会いしましょう!

斎藤まさる

海外FXするならXMで口座開設がおすすめ!
XM Trading
  • 海外FX人気No1!ボーナス3000円
  • 追証なし
  • 日本語完全対応
  • リクオート・約定拒否なし
この記事が良いと思ったら、クリックをお願いします