こんにちは。
兼業トレーダー@転職志願の斎藤まさるです!

今回は、過去に僕が知り合いや知人、友人からされた質問の1つ
「海外FXって口座開設してお金払わないとできないの?」
という、ちょっと驚きの内容についてお話ししていきたいと思います!

「いや、それ当たり前でしょ」

そんな声も聞こえてきそうですが、まあ、でもそう思いますよね。

とはいえ、そもそも口座開設自体が心配という「不安感」「不信感」があるのかなとも思います。
そういった人たちのためにお話ししていきますので、
当たり前じゃん!と思った方は、ぜひ下記のおすすめ記事をご覧ください♪

海外FXは口座開設をしないといけないのか

さて、海外FXは口座開設をしないといけないのか、
という質問・疑問にしっかりとお答えしていきます!

結論から言うと、口座開設はしないといけません!
それはどうしてか?

口座開設をするからこそトレードをする権利が得られるからです。

例えばクレジットカードもいわば口座開設をしないと利用できません。
クレジットカードのブランドで申し込みをすることで、
初めてクレジットカードが使えます。

それと一緒なんですね。

また、クレジットカードを使うときにブランドによって
特典やポイントなど様々なサービスを受けられます。

海外FXの業者選びもそれと一緒で、
どんなサービスがあるのかといったことや本当に信頼できるのかといったことを
重視して決めることを僕はおすすめしてます

多分、海外のFXというだけで不安だと思います。

だからこそしっかり自分が安心できる海外FX業者を見つけて欲しいと願っています!
(本当は僕がおすすめしてるXMだったら嬉しいけど、別にそうじゃなくたって僕はアナタの幸せを願ってます!)

口座開設後にお金を払わないといけないのか

次!

口座開設後にお金を払わないといけないのか、ということなんですが
ぶっちゃけ微妙なところです。

最終的にはお金を払うことになると言えばいいでしょうか。
払うというと語弊があるような感じで……
入金する必要があると思ってください。

FXはあくまでも投資なので「自分の資金を使ってお金を増やす」ことが目的です。
だからお金を払わずに海外FXはできない、というのが正しい答えかなぁと。

でもどうして「微妙なところ」と言ったのかというと、
口座開設の種類によって支払いの有無が変わるからです。

FXにはリアル口座とデモ口座があります。
リアル口座は本番で、デモ口座がお試しの口座です。

なので、デモ口座なら一切お金はかかりません
その代わり、あくまでデモ(お試し)なので資産を作っても
自分の利益として手元に入ってくることはありません。

逆に、リアル口座では口座開設後にトレードに使うための証拠金が必要になります
証拠金がそのまま取引に使えるお金になるんですね。
もちろん、資産を作ればそれが自分の手元に入ってきます。

投資・海外FXにタダという考え方はない

今回お話ししている質問をしてくれた人たちは、
おそらく不安であったり心配であったりしたから聞いてきたのかな、と思っています。

でも、中にはその質問の後に
「お金はかけたくない、タダでFXできるならやりたい」
と言ってきた人もいます。

無料で海外FXをしたい、と思っている人がいたことを知った瞬間でした。

なので最後に、
本当にこの記事に「タダでFXをしたい」と思っている方に向けて
お話しをしていきたいと思います。

タダでFXをするということは、無料で投資をするということです。
投資はほとんどの場合、無料ですることができません。

↑の方でお話しした通り、
投資というのは自分のお金を使ってお金を増やすものです。

もっと言うと、物事は先に投資=お金を払うことで対価を得ます。

例えば、車を買うにも車の代金、
つまり対価として代金を払ってからやっと自分のものになります。

無料、タダでもらえるという場合は、
譲り受けるものであったり自分が労働することで得られるものがほとんどです。

投資の場合、無料やタダという考え方はありません。

投資は「お金に働いてもらう」ことであり、海外FXの究極は、
「自分のお金を世界が良くなるために働いてもらってその対価を得ること」。
だからお金が増えるんですね

そのためには、自分のできる範囲の金額で投資をしていきましょう!
※XMは500円から投資可能です。

このブログを読んでくださってる方が
理想の生活や夢を叶えるために海外FXを使って資産を増やせることを
僕は超切実に願ってます!!

斎藤まさる

海外FXするならXMで口座開設がおすすめ!
XM Trading
  • 海外FX人気No1!ボーナス3000円
  • 追証なし
  • 日本語完全対応
  • リクオート・約定拒否なし
この記事が良いと思ったら、クリックをお願いします